地元愛を大切にする愛知銀行

愛知銀行を利用できる場所

愛知銀行は全国に105店舗の支店がありますが、愛知銀行という名だけあってその多くは愛知県内にあり、愛知県内に96店舗、岐阜県4店舗、三重県2店舗、静岡県・東京都・大阪府に各1店舗ずつの出店となっています。愛知県内では、支店が多いだけでなくATMも病院や空港、最寄りのスーパーや商業施設などに設置されているので忙しい時でも買い物のついでに、出かけた帰りに、と素早く用事を済ませることができます。

愛知銀行では相互提携銀行ATMネットワークというサービスがあり、これは愛知銀行のキャッシュカードを名古屋銀行・中京銀行(愛知県)・十六銀行(岐阜県)・百五銀行(三重県)・静岡銀行・三菱東京UFJ銀行のATMで利用時間内手数料を無料で使えるサービスです。もちろん、これら6行のキャッシュカードを愛知銀行のATMで使っても手数料はかかりません。

東海地方を中心に出店している銀行は愛知県内にも多く存在しATMも充実していますし、三菱東京UFJ銀行は前身が愛知県の銀行だったことから愛知県内のいたるところに店舗やATMがあります。それを考えると利便性がとても良いですし、急にお金が必要になった時でも慌てる心配は少なくなることでしょう。他にもイオン銀行・ゆうちょ銀行・セブン銀行・コンビニATMのイーネット、MICS(多くの都市銀行や地方銀行、信用金庫やJAバンクなどが参加している民間金融機関の提携ネットワーク)のマークが付いた金融機関なら手数料がかかりますが愛知銀行のキャッシュカードを使うことができます。

コンビニなどは全国にあるので旅行や出張などで県外に出た時でも利用することができます。ただ、便利とはいえ、手数料も回数を重ねると結構な金額になるので計画的に利用しなければいけません。また、近年ATMを利用した犯罪が増えているので利用時には後ろを確認したり、暗証番号を読み取られないように手元を隠すなどの注意が必要です。