地元愛を大切にする愛知銀行

愛知銀行のCS宣言とは

お客様は神様です・・・どこかで聞いたことがある言葉だとは思いますがまさにその通りで、お客様がいなくてはどんな商売も成り立ちません。どの会社もお客様に喜んでもらえるように、また来たくなるように、様々なサービスを考えて提供しています。愛知銀行では「CS宣言」という宣言を出しています。CSとはCustomer Satisfactionの略で日本語では「顧客満足」を意味します。顧客はその会社を利用してくれているお客様のことで、そのお客様に満足してもらえるよう工夫をすることを示します。

愛知銀行では「お客さまとともに」「もっとつかいやすく」「よりわかりやすく」の3点に重点を置き、細かい部分までサービスを徹底しています。お客さまとともに、では金融情報に関するセミナーの開催や中学生への職場見学の受け入れ、愛知銀行の窓口で受験料を振り込んだ人には合格祈願グッズの進呈をするなど、愛知銀行を利用してくれる人の立場に立ったサービスに力を入れています。

もっとつかいやすく、では店舗を利用しやすいように営業時間を長くしたり駐車場の整備、子連れでも利用しやすいようにキッズスペースを設けるなどの工夫を行っています。よりわかりやすく、ではATMの画面や窓口での取り引きの内容を分かりやすく記載するなどがあります。遅い時間までやっているから行こう、駐車場が広いから行きやすい、銀行だけではなくそのような理由でお店や商業施設に行った経験がある人は多いと思います。

ほんの些細なことかもしれませんが利用する人にとってはそれがすごく助かったり便利であることがあります。企業に意見を言うとクレームと思われる、と感じるかもしれませんが、クレームを言う人は全体のごくわずかでサービスに不満を感じた人の多くは何も言わず次からの利用をやめてしまうそうです。意見の中には理不尽なこともありますが、実はその企業を良くするための大切なアドバイスである場合もあります。愛知銀行ではそういったお客様の一言を大切にしながら、より良いお店づくりと営業を続けています。